チラシ

\ 例えば、こんなケース /

サイズ A4
カラー 片面カラー
用紙 コート90kg
数量 1,000枚
納期 校了から1週間程度
印刷方式 オフセット
データ制作料 10,000円
用紙+印刷代 9,000円
合計 19,000円〜(税抜)

※価格は一例です。

※紙質・数量・納期・その他仕様により価格が変わります。

 詳しくはお問合せください。

お問合せはこちら

デザイン→印刷→配送まで
トータルで対応いたします。
チラシ・フライヤー作成をまるごとサポート!

そんなお悩みも、お気軽にご相談ください。
常翔印刷ではお客様ひとりひとりに専属の営業担当とデザイナーを配置し、ご納得いくまでお打合せを重ねます。千葉県に密着した印刷会社として培った対応力で、お客様を徹底サポートいたします。

作成の流れ

弊社での一般的なチラシ作成の流れをご紹介いたします。状況やご要望に応じて柔軟に対応させていただきます。ご不明な点等がございましたらお気軽にご相談ください。

① 無料見積のご依頼

初めに値頃感とスケジュールを確認いたします。
印刷物は、数量・仕様・納期によって金額が前後いたします。そのため弊社では価格表を用いておりません。お客様のご要望をしっかりとヒアリングした上で、最適な金額をご提示させていただきます。まずは見積だけでも気軽にご相談ください。ご相談は無料です。
お問合せの際は、現在お決まりの範囲内でかまいませんので、下記の項目についてお聞かせください。

・ご使用用途 ・片面印刷か、両面印刷か
・数量 ・カラー印刷か、モノクロ印刷か
・用紙サイズ ・折り加工やミシン加工の有無
・ご希望の用紙 ・●月●日に使いたい等、具体的な納期
見積時によくあるご質問

「数量は決まっていないけど、ざっくり1,000枚~3,000枚くらいで値頃感が知りたいな」
「片面印刷か両面印刷か迷っているのだけど・・・」
⇒仕様が一部未確定の場合は、数パターン見積いたします。金額を比較して仕様を決めていただいてかまいません。

「どんな紙質がいいのか分からない・・・」
⇒ご使用用途をお聞かせいただけましたら、最適な紙質をご提案させていただきます。

「この日までになんとか手元にほしい!間に合うかな?」
⇒お急ぎの場合もご安心ください。可能な限りご希望に沿えるよう、スケジュールを調整させていただきます。

「この予算内でつくりたいんだけど・・・」
⇒先にご予算が決まっている場合も、お気軽にご相談ください。その範囲内でできる限りの仕様をご提案させていただきます。

② 見積・スケジュール提出

お客様との打合せをもとに、営業担当から見積とスケジュールをご提出いたします。
もしもイメージしていた値頃感と見積価格に差があった場合には、どうぞお気軽にご相談ください。仕様やスケジュール等を見直すことで、できるかぎりお客様のご要望にお応えできるよう、再度見積させていただきます。

③ ご発注

見積・スケジュールの内容にご納得いただきましたら、ご発注ください。

④ 素材ご支給・お打合せ

制作にあたりまして、記載する文字原稿やロゴデータなどをご準備ください。イラストや写真などは弊社にてご用意することも可能です。(※構図や場面など細かな指定があるものは、別途有料となります)
イメージがある方は、簡単なラフ画もあわせてご準備いただけますとよりスムーズに制作が進みます。

素材をご準備いただきましたら、お客様の持たれている完成イメージをデザインとして具体化できるよう、営業担当と詳しく打合せいたします。
・ どういった雰囲気に仕上げたいですか?(暖かみのある感じ、クールな印象、等)
・ チラシをご覧になる年齢層は?ターゲット層は?
・ イメージカラーは?
等、抽象的なイメージでもかまいませんので、チラシに込めたい思いをお聞かせください。見せ方についてお悩みの部分はぜひともご相談ください。

⑤ 制作開始

担当営業と打合せいただいた内容をもとに、担当デザイナーがレイアウト制作を開始いたします。スケジュールやご予算に余裕がある場合は、レイアウト案やカラーパターンなどをご用意することも可能です。

⑥ 校正・修正

レイアウト案が整いましたら、お客様に体裁や記載内容をチェックしていただきます(『校正』と呼びます)。よくご確認いただき修正箇所をご指摘ください。校正と修正を繰り返し、お客様の完成イメージとのすり合わせをおこなっていきます。校正のやり取りは1~3回程度までが一般的ですが、必要に応じて、お客様のご納得いくまで修正作業をおこないます。

⑦ 校了・印刷開始

印刷内容を確定(『校了』と呼びます)していただきましたら、いよいよ印刷に移ります。事前にお打合せいただいた見積・スケジュールにあわせて、適切な印刷方法・納期で作業いたします。

⑧ 納品

お約束の場所へ納品いたします。
ご要望がありましたら複数個所への仕分け梱包や発送代行も承っております。事前にご相談ください。

制作実績はこちら お問い合わせはこちら

習志野市・八千代市・千葉市・船橋市・市川市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・白井市・佐倉市・四街道市のチラシ印刷は常翔印刷にお任せください

価格例・スケジュール例

\たとえば、こんなケース/

「店舗オープン用のチラシをつくりたい!」

仕様

サイズ:A4サイズ
印刷:片面カラー印刷
紙質:コート90kg
数量:1,000枚

お客様にご用意いただいた素材

・文章原稿(ワードデータ)
・商品の写真
・店舗情報

この場合の価格

データ制作料:10,000円
印刷費:9,000円
⇒合計 19,000円(税抜)

この場合のスケジュール感

素材をお預かりしてから、初回レイアウト案提出まで:1週間
初校チェック・修正作業~印刷内容確定まで:1週間
印刷開始~仕上がりまで:1週間
⇒合計 3週間程度

※あくまで一例です。お客様とのお打合せにより、スケジュールを設定いたします。
お急ぎの場合もお気軽にご相談ください。

※印刷物は、数量・仕様・納期・制作工程によって金額が前後いたします。お客様のご要望をヒアリングした上で、最適な金額をご提示させていただきます。まずはお問合せください。

制作実績はこちら お問い合わせはこちら

習志野市・八千代市・千葉市・船橋市・市川市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・白井市・佐倉市・四街道市のチラシ印刷は常翔印刷にお任せください

よくあるご質問

Q.数量は最小何枚から印刷できますか?A.サイズにより様々ですが、概ね100枚から印刷できます。少部数も大歓迎ですので、どうぞお気軽にご相談ください。ただし、印刷物は一度にまとめて印刷したほうが1枚の単価をお安くできます。ご予算や保管スペースとの兼ね合いもございますが、増刷が見込まれる場合にはすこし多めに刷っておくとお得です。

Q.直接打合せをしてもらうことはできますか?A.承っております。千葉県内一部エリアのお客様には営業担当が訪問し、ご要望を親身になってヒアリングさせていただきます。また、本社(習志野市)には打合せスペースを設けておりますので、弊社までご来社いただくことも可能です。ご来社の際は事前にお電話ください。格安ネット通販の印刷会社様とは異なり、対面による打合せができることが弊社の最大のメリットと考えております。ちいさなお悩みでもお気軽にご相談いただければと思います。

訪問可能エリアは下記となります。
習志野市近隣エリア
(八千代市・千葉市・船橋市・市川市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・白井市・佐倉市・四街道市)
※ご訪問は土日祝日を除きます
エリア外の方でも、一部エリアにより訪問可能となる場合もございますので、まずはお気軽にご相談ください。ご訪問の難しい遠方のお客様には、メールやお電話・郵送等にてご対応させていただきますのでご了承ください。

Q.オフィスデータで自作してみたのですが、バランス良く手直ししてもらえますか?A.勿論承っております。画像を使用している場合は、オフィスデータに貼り付けた状態では画質や品質が落ちてしまいますので、画像の元データもご支給ください。

Q.複数個所に仕分けして納品してもらえますか?A.承っております。配送箇所数などにより料金が変動いたしますので、事前にご相談ください。

Q.完成した元データをいただけますか?A.申し訳ございません。原則として弊社にて作成したデータはお渡し不可となっております。ネット掲載等を目的とした閲覧用データはお渡し可能です。

Q.チラシの用紙にはどんな種類がありますか?A.チラシ用紙として代表的なものは、下記の3種類です。

コート紙

表面がツルツルとした光沢紙です。チラシ印刷でもっとも一般的な用紙です。インクの乗りがよく、カラー印刷に適しています。ただし筆記性はありませんので、鉛筆やボールペンで書き込んだり、スタンプを押したりする用途には不向きです。

マットコート紙

コート紙と同じくカラー印刷に適していますが、表面に光沢を抑えるコーティングがされており、マットな質感が特徴です。落ち着いた風合いに仕上がります。また、光沢による反射やちらつきが少ないため、文字が読みやすくなります。

上質紙

コピー用紙やノートとして一般的に使用される紙で、筆記性に大変すぐれています。アンケート用紙や申込用紙として最適です。カラー印刷向きではなく、色はくすんだような表現となりますが、あえて手作り感を出したい、独特の風合いを楽しみたい場合には重宝されます。

その他特殊紙や、厚手の紙も承っております。ご訪問の際には紙質サンプルを見ていただくことができます。ぜひ実物をお手に取って確かめてみてください。

Q.紙の厚さはどのくらいがオススメですか?A.まず、紙の厚さは重さの単位「kg」で表します。これは裁断する前の大きな紙を1,000枚重ねて置いたときの重さです。数字が大きいほど厚い紙ということになります。

[薄い]55kg → 70kg → 90kg → 110kg → 135kg[厚い]

基本的には薄いほど安価といわれていますが、一度に刷る枚数や使用する印刷機によって変わりますので、一概には言えません。薄い紙のほうが高くなってしまう場合も多々あります。弊社のチラシ印刷では、70kg(コート紙は73kg)または90kgの厚さが最も使われています。

70kg(コート紙は73kg)

0.080mm~0.100mmの厚みで、一般的なコピー用紙と同じくらいです。折込チラシやポスティングチラシとしてよく使用されています。安くできますので、バラマキ目的で使用する場合におすすめです。

90kg

0.090mm~0.130mmの厚みで、一万円札と同じくらいです。新聞折込チラシの中で比較するとやや厚めになります。イベント告知用フライヤーや、宅配ピザのチラシなど、お客様のお手元に比較的長く残してほしいものは90kg以上の厚さをおすすめします。

紙の厚さと高級感は比例します。不動産物件やブランド品など、高価なものを取扱うチラシでしたら、掲載内容にあわせて紙も厚くすると良いでしょう。また、バラマキ用のチラシをあえて厚紙でつくるのも一つの戦略です。大量の折込チラシの束に一枚だけ厚い紙が入っていると目立つからです。なにか他と違うぞ?という違和感によって、お客様の目に留まりやすくなるのです。

Q.そもそも「チラシ」「フライヤー」「ビラ」って何が違うの?A.いずれも1枚ペラの広告物を指します。常翔印刷ではすべて同じ印刷物という認識ですが、地域や世代、業界によって呼び名が分かれており、正式な言葉の定義があるわけではないようです。それぞれの語源からまとめてみました。

チラシ

周囲に「散らす」ものという意味の「散らし」からきています。現代でもその意味合いが強く、新聞折込やポスティングなど、大量に刷って不特定多数の人に配布する印刷物をチラシと呼んでいます。

フライヤー

空を飛ぶものを意味する英語「flyer、flier」が語源です。戦時中、飛行機やヘリコプターを使って空から広告物をばら撒いていたことから、広告物そのものをフライヤーと呼ぶようになりました。現代では飛行機を使った配布方法は禁止となりましたが、名称だけが残りました。イベント告知用など、小さなサイズのものや厚手のものをフライヤーと言うケースが多いです。

ビラ

諸説ありますが、紙片の「片(ひら)」や擬態語「びらびら」が語源と言われています。江戸時代にはすでに「ビラ」という言葉が根付いていたようで、ポスターのような張り紙も当時は「ビラ」と呼ばれていました。現代でも、掲示してある印刷物をビラと呼ぶことがあります。薄い紙に単色刷りといったシンプルな仕様が多いイメージです。

制作実績はこちら お問い合わせはこちら

習志野市・八千代市・千葉市・船橋市・市川市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・白井市・佐倉市・四街道市のチラシ印刷は常翔印刷にお任せください

株式会社常翔印刷

〒275-0012
千葉県習志野市本大久保2-6-18

TEL:047-455-5161

MAIL:contact@jsi.co.jp

訪問エリア

訪問エリアは下記となります。
習志野市近隣エリア
(八千代市・千葉市・船橋市・市川市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・白井市・佐倉市・四街道市)
※ご訪問は土日祝日を除きます
エリア外の方でも、一部エリアにより訪問可能となる場合もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

地図